関東出張パーソナルトレーニングの詳細はコチラ!

【スキンケア】自分に合った肌質の特徴を紹介!

【スキンケア】自分に合った肌質の特徴を紹介!

こんにちは。cortisパーソナルトレーニングジム代表の日原です。本日はスキンケアを始める前の「肌質の知り方」についてお話しさせて頂きます!


はじめに

「スキンケアを始めてみる前に、まずは自分の肌質を知りたい」
「肌質が分からないから、商品を買うふんぎりがつかない」

このようなお悩みを抱えてらっしゃる方は多いかと思います。

なので、本記事では、肌質についての基本的な知識または自分の肌質の見分け方についてお話ししていきます!


そもそも肌質って具体的にどういう意味なの?

美容用語において肌質(または肌タイプ)とは、皮脂の分泌量や水分量などをふまえて判断した肌タイプのことです。

肌質のタイプはいくつかの種類に分類されており、肌質によってはスキンケアのやり方も変わってくる場合があります。

肌質は全部で4つのタイプがある

肌質は、大きく分けると

・普通肌

・乾燥肌

・脂性肌

・混合肌

基本的に肌は、この4つのタイプに分類されています。

肌質ごとの特徴

先ほど紹介した4つの肌質には、それぞれに違いや特徴があります。

さきほどの肌名称からおおよその予想はつくかと思いますが、
肌ごとにどのような特徴があるのかを少し紹介していきます!

普通肌

普通肌は、皮脂の分泌量や肌の水分量などが適度に保たれている肌のことを指します。

そのため、テカリやアブラっぽさもなく、スキンケアも普通のケアを行えばよいので、理想的な肌質といえるでしょう。

しかし、普通肌は季節やストレスなど、環境によって肌が荒れやすい特徴もあります。

乾燥肌

乾燥肌は、皮脂の分泌量と肌の水分量のどちらとも少ないのが特徴です。

乾燥肌だと、肌がずっとカサついていたりくすんだりしている為、無防備でデリケートな状態になっています。

そのため、摩擦などによって肌荒れを起こしやすい特徴があります。

乾燥肌の方は、保湿力の高いクリームを使うことをオススメします。

脂性肌

脂性肌は、名前のごとく皮脂の分泌量がおおく肌がテカっているのが特徴です。

脂性肌だと顔が常にテカっていたり、毛穴が開きアブラっぽくなってしまっているのでニキビの原因にもなりやすいです。

脂性肌の方は、スキンケアのやり方を工夫したり、油分の少ない乳液などを使ってあげるとよいでしょう!

混合肌

混合肌は頬などの水分量は少なく、Tゾーンの皮脂の分泌量が多いという特徴があります。

混合肌の人は、頬などのUゾーンは水分量も皮脂の分泌量も少ないので、肌のバリア機能が弱く肌荒れなどを起こしやすいです。

このように、肌は水分量と皮脂の分泌量が違うだけで、ここまでのおおきな差が生じてきます。


肌質について理解をしたうえで知りたいことは、やはり自分の肌質のことだと思います。
なのでここからは、自分の肌質を見分ける方法をご紹介します。


自分の肌質を見分ける方法

まずは、洗顔をおこない、顔を拭いて10分間そのまま待機します

10分後、変化を確認し、あぶらとり紙でおでこや鼻をふきましょう

あぶらとり紙への脂のつき方、肌のツッパリ方などで肌質が判断できます

普通肌の場合

放置後、ツッパっている感覚はなく、カサつきなどもない

あぶらとり紙に脂がつかない。

乾燥肌の場合

放置後、肌がツッパっている感覚や乾いている感覚がある

あぶらとり紙に脂がつかない。

脂性肌の場合

放置後、ツッパリは感じず、顔がテカっている

あぶらとり紙に脂がつく。

混合肌の場合

放置後、少しツッパリを感じTゾーンがすこしテカっている

あぶらとり紙でふくと、Tゾーンにのみ脂がついている

肌質ごとに注意しておくべきNG行為

肌ごとの特徴をみてみて分かるとおり、肌ごとに特徴や注意するべきことなどが違ってきます。

なので、肌質ごとにやってはいけないNG行為や、注意しておくべき点をいくつかご紹介します。

普通肌の注意点やNG行為

普通肌は先ほどもいったとおり、季節やストレスによる影響を大きく受けやすいです。

スキンケアにおいても、ずっと同じモノを使用するのではなく、季節ごとの気温や湿度の変化に合わせてスキンケアのやり方や商品をかえる必要があります。

乾燥肌の注意点やNG行為

乾燥肌の方は、皮膚が無防備な状態になっているので、なによりも肌に刺激をあたえないようにしましょう。

スキンケアをするうえでも、少しでも強くこすると、簡単に肌荒れを起こしてしまいますので、しっかりと泡立てた洗顔料でやさしくなでるように洗顔をしましょう。

脂性肌の注意点やNG行為

脂性肌の人は、洗顔をする際にアブラを落とそうと洗顔をしすぎていまうケースがあります。

洗顔をしすぎると、必要なアブラもなくなり、カラダは肌に「アブラがたりていない」と勘違いをして、必要以上に皮脂を分泌してしまいます。

脂性肌も、保湿をすることは大切なので、乳液をえらぶ際は、油分のすくない乳液やクリームを使うようにしましょう。

混合肌の注意点やNG行為

混合肌は、脂性肌の部分と乾燥肌の部分がわかれているので、
顔全体に同じだけ乳液をつけるとちょうどよく保湿できているところと、テカっているところが分かれてしまいます。

なので、乳液やクリームを塗る際は、しっかりと部分ごとに量を調節して塗ってあげることが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

肌には、人によってさまざまな肌質があります。

スキンケアをされる人は自分の肌質を理解しておくだけで、スキンケアの際に本当に役に立つことかと思います!

時間がある時でもよいので、是非一度はじぶんの肌質について調べてみてはいかがでしょうか!

オススメの記事

メンズスキンケアのやり方と必要なモノをご紹介!
オススメ記事:メンズスキンケアのやり方と必要なモノをご紹介!