関東出張パーソナルトレーニングの詳細はコチラ!

ジョギングでダイエットに挑戦するときの注意点

ジョギングでダイエットに挑戦するときの注意点

こんにちは。cortisパーソナルトレーニングジム代表の日原です。
今回はジョギングでダイエットする際の注意点についてお話し致します。


はじめに

ダイエットのためにジョギングをしようと思い立ったけれども、1カ月もたたないうちにやめてしまう人は少なくありません。

ジョギングは体重を減らすだけでなく、心肺機能の強化や、筋力づくりにもよく、身体にとっては利点が多い方法といえます。

ジョギングは、適度な運動ができるという意味では体にとてもいいものですが、人によっては毎日ジョギングをしなければならないことが精神的な重荷になることがあります。

やる気が起きないジョギングを無理に続けていると、気持ちも体も疲弊して、継続が難しくなってしまうことがあります。

自分の体を向き合って、どれくらいの運動量が自分には適しているのか、注意しながらダイエットしましょう。

ダイエットを続けるには、毎日ではなく、隔日で運動をすることも、十分に効果が得られます。

心身に負荷のかかるダイエットメニューは避けて、継続しやすいジョギング量にするように意識してください。

隔日でジョギングをした場合でも、体重を減らすことはできます。

ジョギング運動は、最初の20分は血液中に溶け出している脂肪を燃やしてエネルギーにしていますが、20分以上からは体脂肪を燃やし始めますので、そうなるまで走りましょう。

どの程度の運動がちょうどいいかは人それぞれですが、当初の目標を20分に設定し、30分ぐらいは運動を続けていくといいでしょう。

ジョギングを続けることによって、痩せやすい体質をつくることができるので、先を見据えたダイエットということになります。じわじわと体重を減らしたい人にジョギングダイエットは適していますが、今すぐ痩せたい人は別な方法を選ぶ必要があります。


ジョギングダイエットの効果的な方法

効率的にジョギングダイエットをするコツは何でしょう。

ストレス解消や心のリセットにジョギングという人もいるようです。

ダイエットのためにジョギングをする時は、効率的な減量ができるジョギングを目指しましょう。

ジョギングダイエットを行う場合は、どんな走行スタイルがダイエットにいいかを考えることです。

ダイエットの目的は、体に付いた余分な脂肪を燃焼させることです。

脂肪を燃焼させるためには実は準備が必要なのです。

長い時間運動が可能なことから、有酸素運動はダイエットに用いられています。

ですが、20分から30分は運動を続けなければ、脂肪の燃焼は始まりません。

有酸素運動で脂肪を燃焼させる場合、運動を始めてから20分はまだ体脂肪に届いていないため、その後にどれだけ運動をするかがポイントとなります。

走り始めからスピードを出す必要はありません。

ジョギングダイエットを行う場合、中盤以降のペースアップを心がけるようにしましょう。

ストレッチやウォーキングで体を慣らし、20~30分程度で軽いジョギングをスタートします。

ダイエットとして効果のある運動です。

継続して行えるように、無理のかかるようなジョギングはしないようにします。

ジョギングダイエットの場合、スピードに慣れてきても早さを上げるよりは走る距離を長くした方が、ダイエットにはいいとされています。

ジョギングダイエットは、運動量がきつすぎるなどでダイエットを中断したという人でも、自分のペースで無理なく取り組めます。

無理のない範囲でジョギングを行なっていきましょう。
体力や筋力的に難しそうであればウォーキングから始めるのも良いですよ~


おすすめ記事

ダイエット21個まとめてみた
おすすめ記事:ダイエット21個まとめてみた