関東出張パーソナルトレーニングの詳細はコチラ!

肥満を改善する生活習慣

肥満を改善する生活習慣

こんにちは。cortis パーソナルトレーニングジム代表の日原です。
今回は 『肥満を改善する生活習慣』 というテーマでお話ししていきます。

日々の生活を健康的に

心筋梗塞や高血圧など、肥満になると生活習慣病にかかりやすくなります。

日々の生活を改善することで肥満対策が可能です。肥満になりやすい人は、生活サイクルが崩れ気味の人だといいます。

最近は、朝食を摂らないという人が少なくありませんが、肥満を改善するためには一日三回の食事が重要です。

朝食を抜く生活をしていると、前日の夕食からの食事をしない時間が長くなりすぎます。

お腹が空いているところに食事をすると、エネルギーとして使わずに蓄積しようとします。

遅い時間の晩ごはんも、肥満にはよくありません。

夜食を食べた後は、ほとんど体を動かさずに眠ってしまうことになりますので、脂肪が増えやすくなります。

夕食はあまり食べ過ぎず、時間は早めがいいでしょう。

あまり体を動かさない生活をしていると、消費カロリーが少なくなって肥満になりやすいようです。

一駅余計に歩いてみたり、余裕のある時は階段を使ったり、歩きで移動する時は早足で行くなどの取り組みで、運動量を増やせます。

肥満の背景に、ストレスがあるという人もいます。

ストレス対策に、甘いものをついつい食べ過ぎてしまうという気質を持っている人もいます。

ものを食べる以外の手段でストレスを解消したり、そもそもストレスを蓄積させないことが肥満改善になります。

肥満と縁がない体型になるためには、日々の生活を健康的なものにすることです。


おすすめ記事