関東出張パーソナルトレーニングの詳細はコチラ!

出産後には骨盤ダイエット

出産後には骨盤ダイエット

こんにちは。cortis パーソナルトレーニングジム代表の日原です。
今回は 『出産後には骨盤ダイエット』 というテーマでお話ししていきます。

骨盤のゆがみや開きを直す

授乳期は赤子のために母乳を分泌する必要があるため、妊娠直後とは違いダイエットをしていなくても体重が増えにくいといいます。

授乳期を経ると妊娠前より体重が減るという人もいますが、この期間が終わっても食欲は衰えないようです。

妊娠時のダイエットは、母乳の期間が終わった頃に切迫性が出てきたという話もあります。

妊娠後のダイエットで最もお勧めなものは、骨盤の状態を正しい位置に矯正する骨盤ダイエットかもしれません。

普通の骨盤は締まっていますが、産後はやや緩んでいるといいます。

骨盤のズレなどは出産時に発生しやすいですが、通常であれば妊娠前の状態に自然と直ります。

ただし、バランスが取れていないような姿勢を続けていると戻らないこともあります。

出産を経て骨盤のズレがそのまま定着してしまったという場合は、妊娠したことで身体についた体脂肪以上の脂肪の増え方をしているかもしれません。

出産後は特に骨盤のゆがみや開きを直すことを目的とした骨盤矯正運動が有効です。

テレビで骨盤のことが取り上げられたり、骨盤の矯正について書かれた本が好調な売れ行きを誇っていたりと、骨盤ダイエットは広く知られるようになりつつあります。

また、イスやクッションでも骨盤に歪みが発生しにくいデザインのものや、ズレた骨盤の状態を正すためのベルトなと、骨盤まわりの道具が次々と売りに出されています。

妊娠によってついた脂肪や骨盤の変化は、子どもが産まれてから半年以内には改善に着手しましょう。

産後すぐは自律神経の働きが充分でなく体の回復も人によって違います。

産後の1ヶ月検診で体に問題がないと診断されてから妊娠・出産後のダイエットを始めるようにしましょう。


おすすめ記事