関東出張パーソナルトレーニングの詳細はコチラ!

内側からできる日焼け対策

内側からできる日焼け対策

こんにちは。cortis パーソナルトレーニングジム代表の日原です。
今回は 『内側からできる日焼け対策』 というテーマでお話ししていきます。

加齢によって起きる肌のたるみに

美肌を目指すのであれば、日焼け対策はきちんと行う必要があります。

加齢によって起きる肌のたるみ、しみ、そばかすは、日焼けの影響によってより進むといいます。

日焼け対策にクリームをつけたり、美白にいい化粧品を使うという方法もありますが、日焼け対策になるものを食べることで体を内側からつくることも可能です。

例えば、ビタミンA、C、Eはいずれも日焼け対策に効果があるという栄養素だと言われています。

よく使われるのがビタミンCで、日焼け止めスキンケアなどにも使われています。

お肌のハリをよくするエラスチンをふやし、しみやくすみの原因となるメラニン色素の除去効果が、ビタミンCには期待できると言われています。

体の廊下を促進するという活性酸素は紫外線で増加しますが、ビタミンCはこの成分を減らすことができます。

また、ビタミンEも抗酸化力の強さで知られています。

酸化は肌の老化現象を促進しますが、この作用をストップさせることができます。

皮膚のコラーゲン増加にも効果が期待できることが、ビタミンAの抗酸化作用の利点です。

女性は、生理が近くなってビタミンAの量が体内から失われると、肌が刺激に弱くなり日焼けしやすくなる性質があると言われています。

効果の使い日焼け対策をするために、スキンケア用品に頼るばかりではなくて、日焼け対策にいいものを食べるようにしましょう。


おすすめ記事