関東出張パーソナルトレーニングの詳細はコチラ!

光脱毛とレーザー脱毛の違いについて

光脱毛とレーザー脱毛の違いについて

こんにちは。cortis パーソナルトレーニングジム代表の日原です。
今回は 『光脱毛とレーザー脱毛の違いについて』 というテーマでお話ししていきます。

光の波長の違い

永久脱毛をしたいという人は多いですが、レーザー脱毛と、光脱毛は、どちらが脱毛効果が高いでしょう。

レーザー脱毛と光脱毛はどこが違うのか、永久脱毛をしたい場合はどちらがより適切なのか知りたいという話を耳にします。

皮膚に照射する光の波長の違いが、レーザー脱毛と、光脱毛との違いです。

単純に脱毛力を比較する場合、光脱毛のほうが、レーザー脱毛より弱いものになります。

レーザー脱毛は、光脱毛と違って単一の光を照射するので、強い脱毛効果を有しています。

レーザーの光は皮膚に対する影響が強すぎるので、医者がいるクリニックでなければ受けることができません。

光脱毛は出力が制限されているので脱毛サロンで行うことができるのです。

フラッシュ脱毛や、IPL脱毛など、エステサロンによって光脱毛の呼び方は違いますが、黒い色素にだけ反映する光を皮膚にあてるというものです。

人間の毛根は、休止期と成長期を暮り返していますので、何回も光脱毛を行って、ムダ毛の再生を抑制しなければ効果は得られません。

光脱毛は、脱毛効果が低い代わりに肌への刺激が小さく、痛みも小さく済むという利点がある脱毛法です。

永久脱毛という言葉からは、一度脱毛をすると永遠にムダ毛が再生しないような気もしますが、ムダ毛の1カ月後の再生率が20%以下なら永久脱毛といいます。

光脱毛は、1カ月後のムダ毛の再生率は2割を超えますので、実質的に永久脱毛ができるのはレーザー脱毛だけです。

光脱毛でも何度も処理をしていれば、段々とムダ毛が生えてこなくなり、永久脱毛と同じ位の効果を得られる人もいます。


おすすめ記事