関東出張パーソナルトレーニングの詳細はコチラ!

健康食品の販売に関する法律

健康食品の販売に関する法律

こんにちは。cortis パーソナルトレーニングジム代表の日原です。
今回は 『健康食品の販売に関する法律』 というテーマでお話ししていきます。

はじめに

健康食品の販売に関わる法律にはいろいろあります。

関係している法律としては、薬事法、健康増進法、JAS法、景品表示法、特定商取引法など様々です。

薬事法があるために、食品である健康食品の宣伝に病気の治療ができるような書き方はできません。

薬としての販売は認められていませんし、医薬品成分を使った健康食品を販売することも薬事法違反になります。

特別用途食品、栄養機能食品、特定保健用食品について定義してあるものが健康増進法で、栄養表示や事実と異なる表示の禁止事項があります。

健康食品をより細分化する定義にと販売について、決められています。

景品表示法では、健康食品販売時の不当表示についての取り締まりがされています。

JAS法では、加工食品品質表示基準、遺伝子組換えに関する表示にかかわる品質表示基準、有機農産物加工食品の日本農林規格についてなどの規定が定められています。

食品の表示に関しては食品衛生法でも定められています。

飲食による問題を防止するための法律であり、包装容器や輸入、添加物について決められています。

訪問販売や電話販売、通信販売など販売業者と購入者との間で発生する問題を防ぐためにある法律が特定商取引法で、クーリングオフ制度などが代表的です。

計量の基準を決め、取引の統一基準をはっきりさせたものが計量法です。

健康食品の販売にまつわる資格や法律の多さには驚くものがあります。


おすすめ記事