関東出張パーソナルトレーニングの詳細はコチラ!

ダイエット中は食べたもを日記に記録する方法

ダイエット中は食べたもを日記に記録する方法

こんにちは。cortis パーソナルトレーニングジム代表の日原です。
今回は 『ダイエット中は食べたもを日記に記録する方法』 というテーマでお話ししていきます。

食事内容を改善したい

カロリー制限によるダイエットをしていても、時々はカロリーオーバーをすることがあります。

意志が弱くて食事の管理ができない人におすすめの方法が、食べたもの日記をつけることです。

レコーディングダイエットとも呼ばれており、自然と食事制限をする効果が期待できる方法です。

日記の記録方法は大変簡単で、毎日3食、食べたものと時間を残していきます。

1日3回の食事のほか、口に入れたものは何でも書いておくことが重要になります。

今まで意識していなかった食事の内容や、間食のクセなどを、記録に残すことで意識しやすくなってきます。

夜食を食べ過ぎる人は、夕食の内容を工夫したり、寝る時間を早めに設定することで、夜食を減らすことができます。

また食べているもの栄養バランスを見てみると、もう少し食べるべきもの、控えるべきものも見えてくるでしょう。

外食をする時にも、昼は洋食だったから夜は和食でといったように栄養バランスを考えて食べられるようになります。

おやつも実際に日記に書き出すようになると、もう少し食べるのを控えてみようと考えられるようになるでしょう。

その日の食べた内容を紙に書くことで、どの食事を減らしたほうがいいか、どんな栄養が足りていないか、わかりやすくなります。

ダイエットのために食事内容を改善したいけれど、具体的にどう変えればいいかわからない場合も、日記づけが役立ちます。


おすすめ記事