関東出張パーソナルトレーニングの詳細はコチラ!

ダイエットをして体重を減らす方法

ダイエットをして体重を減らす方法

こんにちは。cortis パーソナルトレーニングジム代表の日原です。
今回は 『ダイエットをして体重を減らす方法』 というテーマでお話ししていきます。

体重が減るまで

ダイエットと言えば体重を減らすのが主な目的ですが、体重のことだけを考えていたのでは不十分です。

体重が減るということは脂肪が減るということではなく、体を作り上げている筋肉も同時に減少するということも理解しておく必要があります。

筋肉が減って、脂肪はそれほど減っていなければ、一見痩せたように見えても、ダイエットの成果としては不十分と言えるでしょう。

筋肉量が減ると基礎代謝も低くなりますので、ダイエット後にリバウンドが起きやすくなってしまいます。

心臓など、いくつかの臓器は筋肉が多くを占めています。

ダイエットで筋肉量が減ると、これらの臓器が小さくなって、機能が弱まって貧血症状などが出ることがあるといいます。

望ましいダイエットとは脂肪だけを燃やせるような方法ですが、そのためは、食事の内容と量をしっかり管理することと、筋肉に適度な負荷をかけるトレーニングをしなければなりません。

食事制限によるダイエットでは、体内に蓄積されている脂肪と日常生活の中で使われていない筋肉が最初に消費されます。

ダイエットする時には、この使われていない筋肉を強度の高いトレーニングで使用して、筋肉が減らないようにすることが大切です。

スクワットは、手軽にできて、適度な運動負荷を身体にかけることができ、道具などはいらないので、ダイエット向きの運動です。

筋トレをする時は、急に運動負荷の大きい運動をすると筋肉へのダメージになりますので、無理なくできる回数に留めましょう。

ダイエット成功の秘訣は、中途半端なところでやめたりしないで、体重が減るまで、コツコツとダイエットにいいことを続けることです。

体重を減らす時は、筋肉をキープしながら脂肪だけを燃やせるような方法が望ましいですので、スクワットによるダイエットはお勧めの方法です。


おすすめ記事