関東出張パーソナルトレーニングの詳細はコチラ!

ケミカルピーリングの効果と薬剤の種類について

ケミカルピーリングの効果と薬剤の種類について

こんにちは。cortis パーソナルトレーニングジム代表の日原です。
今回は 『ケミカルピーリングの効果と薬剤の種類について』 というテーマでお話ししていきます。

肌の健康を取り戻す

ケミカルピーリングは、専用の薬剤を塗ることで皮膚表面の古くなった角質層を除去し、新しい肌細胞を表出させる美容方法です。

そんなケミカルピーリングには、どんな効果が期待出来るのでしょうか。

人間の皮膚は新陳代謝によって新しい皮膚が生成されていますが、古い皮膚がいつまでも皮膚表面に残って肌のくすみや乾燥につながることがあります。

ケミカルピーリングは、こうした古い角質を薬剤の力で剥がす事が可能です。

ターンオーバーが正常に行われていれば、しみやくすみ、肌荒れの跡が残った角質層は取り除かれて、新しくつくられて角質層と交代されます。

また、毛穴に古い角質が詰まるとコメドやニキビなどのトラブルが起きる事があります。

ケミカルピーリングを行うことで、目詰まりを起こした毛穴ごと、角質層を取り除き肌の健康を取り戻すことが可能です。

また薬剤によっては、真皮にまで浸透してコラーゲンやエラスチンを生み出す線維芽細胞を刺激して活性化する事で肌のハリを生み出す効果もあるのです。

ケミカルピーリングに使われる薬剤のバリエーションは幅広く、どの薬剤を使うかでも効果は異なります。

例えば、サリチル酸マクロゴールは皮脂に溶けやすい為、特にニキビやコメドなどが気になる人にぴったりの薬剤です。

ケミカルピーリングは皮膚への負担がどうしても大きくなりがちです。

若返りを目指すならトリクロロ酢酸がお勧めです。

このようにケミカルピーリングには多様な効果があり、悩みによって薬剤を変える事でより効果をアップさせる事も可能です。


おすすめ記事