関東出張パーソナルトレーニングの詳細はコチラ!

オイルタイプのクレンジングは使用方法に注意点が!正しく使って美肌を目指そう

オイルタイプのクレンジングは使用方法に注意点が!正しく使って美肌を目指そう

こんにちは。cortis パーソナルトレーニングジム代表の日原です。
今回は 『オイルタイプのクレンジングは使用方法に注意点が!正しく使って美肌を目指そう』 というテーマでお話ししていきます。

肌本来の油分は洗い落とさないように

肌質によっては、クレンジングオイルは肌が突っ張った感じになることがあるようです。

クレンジング剤には色々なタイプがありますが、クレンジングオイルは洗う力の強さが特徴的です。

オイルタイプのクレンジングは、使い方に気をつければ、肌への負担を軽減できます。

古い皮脂や、メイク汚れ、毛穴から分泌された皮脂汚れをよく洗い落とすことが、洗顔をする理由といえます。

ミルククレンジングや、クリームクレンジングと比べて、オイルクレンジングは界面活性剤が多いため、汚れ落としの力が強く、油性のメイク汚れもきちんと分解することができます。

界面活性剤によって油汚れは落としやすくなりますが、脂質を含む汚れ以外にも、皮膚がもともと持っている油分まで分解してしまいます。

お肌に負担をかけないようにするためには、化粧汚れを洗い落とす時に、肌本来の油分までは洗い落とさないようにしておくことが大事になります。

お肌がもともと持っている油分まで除去してしまうと、クレンジングケアをした後に、肌が突っ張ったような感触になります。

肌の負担を減らすために、オイルタイプのクレンジングは落ちにくいメイクをしたときだけ使用をするとよいでしょう。

メイク汚れをきちんと落としたいからといって、皮膚をこすると摩擦が起きて肌トラブルの原因になりますので、優しく扱いましょう。

クレンジングを行う時には、皮膚をこすらないように注意をしましょう。

クレンジング剤の使用量を少なくしすぎると、汚れ落ちが悪くなってこすってしまいがちなので要注意です。


おすすめ記事