関東出張パーソナルトレーニングの詳細はコチラ!

にきび跡の赤みの原因

にきび跡の赤みの原因

こんにちは。cortis パーソナルトレーニングジム代表の日原です。
今回は 『にきび跡の赤みの原因』 というテーマでお話ししていきます。

赤みの原因を尽きとめる

にきび跡は治っても赤みが残ってしまうことがあり、普通のお肌対策では完全に消すことはできません。

どうしてにきび跡の赤みが残るかを理解することが、にきびケアでは大事です。

にきび跡の赤みには、いくつか種類があるといいます。

赤にきびや化膿にきびなどの炎症が原因で、赤みの残る部分はにきびを悪化させてしまったところです。

赤みに限らず、炎症を起こしたにきびは跡を残しやすいのです。

見た目は完治したようにみえるにきびでも、にきび跡の赤みが残っている場合には、肌の奥に炎症が残っている可能性があります。

赤にきびや化膿にきびは、にきびが悪化した状態なので、皮膚の奥まで炎症が広がっています。

その場合、皮膚の表層は治っても、奥はまだ炎症が続いてることがあります。

そのため、皮膚の奥の炎症が表面に赤みとして出てきてしまうのです。

にきびの炎症が原因で、その周辺の血液の流れが悪くなり、血液が停滞して赤みが残っていることがあります。

にきびの炎症によって、メラニンが生成されていて、これがにきび跡の赤みになっていることもあるようです。

このように、にきび跡の赤みの原因にはいろいろとあるので、まずは自分の赤みの原因を尽きとめることが重要です。


おすすめ記事